トップページ | 小さな人気者 »

2008年1月30日 (水)

チワワの歴史

チワワの起源は謎に包まれていますが、はじめてアメリカ合衆国へ輸出されたのは1850年と解っています。世界で一番小さな犬として、長い間、世界中で愛玩犬として人気があります。小柄で華奢な体型ですが、鋭敏で好奇心が旺盛な勇気ある性質をもっています。 このチワワは小型の愛玩犬で、風に吹かれても震えるような感じで、人に抱いてもらって愛玩されることをとても好みます。スムースコートの短毛種とロングコートの長毛種があり、毛色は多種多彩な色があります。アップルドームと呼ばれるかわいい頭と小さく引き締まった身体、黒く大きく輝くひとみはとても理知的です。 チワワはとても寒がりですので、屋外では飼うことはできないでしょう。身体が小さいので体温調節が苦手でうまくいかないのです。冬には毛布や暖かいベットなどが必要になります。小さくて甘やかされて育てられることの多いチワワですが、小さいからこそ甘えん坊で勝ち気なところがあり、吠えたりわがままにないりやすいので、小さい頃からしっかりしつけてあげてください。

トップページ | 小さな人気者 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530581/10158239

この記事へのトラックバック一覧です: チワワの歴史:

トップページ | 小さな人気者 »